スポンサーサイト

--.--.-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい話

2009.07.02 Thu 13:43

テスト期間だけど、耐えれない事があったので書き留めて置こうかなと思います。

長くなりそうな気もするから一応追記からどうぞ。







*

死んだの。子犬が。

火曜日の夜に母親がケージを覗き込んだ時に動きが止まってて、

その時あたしはリビングに居なかったんだけど、

母さんが「死んでる」って叫んでるのが聞こえてリビングに行ったら、

動かなくなった子犬の姿が母親の手に納まってて、

悲しいよりも先に怖かった。


今まで親戚が死んだりした事はあったけど、

直接交流があった訳じゃなかったから大きく死を実感した事は無くて。

余計に


でも、そんな事よりも動かない事が怖かった。

死んだって事実だけが突きつけられてて、悲しくて泣きたいけど泣けなかった。


そこから自室に戻って翌日のテストの勉強してたけど、やっぱり色々考えて辛かったな。

たったの3日と何時間かしか生きてないのに死んじゃったんだなって。

ココ(親犬)はどんな気持ちなんだろうかとか

でも、あたしよりも悲しいのはやっぱり、ココと母さんだよなとか思っても、無理でした。

犬を飼い始めようと言ったのも、子犬を産ませようと言ったのも母さんだったから。

母さんは昔、トリマーをしてて犬に詳しいし、自分でカットしたりもしてたから;


頭は思考ばかり続けるから数学の問題を一通り解き終わった後に寝ました。


翌日、母さんがあたしら兄弟4人を起こしに来て、

昨日母が発見した時に寝ていたい弟2人に告げて、

うちの花壇に埋葬しました。

でも、一人の弟は大泣きで、赤ちゃん帰ってくるよとか救急車呼ぼうとか

凄く荒れてたけど、見てる母さんの方が辛そうでした。


で、飯食った後に、やたらと姉に関係ない事でガミガミ言われて、

喧嘩しつつ家を出てったら、案の定泣いてもうた。


そっから必死で涙抑えようと思ったけど、見慣れた顔がこっちに向いてチャリを

漕いでいるのを見て余計泣けた。

まぁ、でも少し経ったら落ち着きましたが。


テスト受けてる時も大分と沈んでたけど、普段より集中して解けた。

何か自分でも呆れた。


やっぱり、死ぬって怖いね。あたしには耐えれない。

暫くは引きずりそうだな…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。